まつげ美容液でシミになるなんて嫌|色素沈着を避けたい

まつげ美容液における色素沈着の怖さ

どんな化粧品の成分であっても、それがシミの原因になることはありえるのだろうか。まつげ美容液にもそういう成分が入ってることはあるのだろうか。

シミの種類と紫外線の怖さを知るべき

シミは確かに面倒な存在ですが、顔にうっすら黒い影があったり、黒くなってる点があればシミだなって思ってたのですが、種類が同じかどうかは分かりません。私はそんなこと気にしたことありませんでしたけどね。
紫外線による老人性色素斑というのがよくみかけますし、これは顔だけでなく、肌を露出してる部分でよく見られます。他にも種類があるので、調べたいと思いますが、やっぱり多いのが紫外線の影響なのかなと。どうしてもまずはシミに効く化粧品でって思うわけですが、中には化粧品ではもうどうにも消せないものもあるようなのです。そうなるとレーザー治療とかになるんでしょうけど、シミの種類によっては逆の場合もあるそうです。
つまりレーザー治療に向いてないものも。そうなると自分で判断できませんしね。なので、皮膚科とかの専門家にみてもらうのが理想かなと思う。
まあそれでも意見が異なる可能性はあるわけですから、自分である程度の知識はもっていたいと思うのです。
何も知らないと、いろいろ言われても理解できないこともありますからね。今までいろんな症状で医者にはみてもらいましたが、それでも医師によって意見が違うことなんてふつうにありましたら。

まつげ周辺のデリケート部分のシミ対策

注意することは、液がまぶたにつかないようにすることです。
丁寧にまつげの根元だけに塗っていくことが求められます。

そのためには、丁寧にゆっくり塗ることはもちろん、液をつけすぎないことが大事です。

ちょっと少なめくらいを何度も塗っていくくらいのほうがいいでしょう。でないと、その液がたれてきて、最悪の場合目に入ってしまう危険性もあります。ビマトプロストなどが入っていることはないでしょうけど、育毛剤となると入っていないかは確認しておかないと不測の事態を招くこともあります。
まつげ美容液で作らない色素沈着


ホーム RSS購読